難消化性デキストリン効果研究所







難消化性デキストリンとは


看護師 難消化性デキストリンというのは、
名前から分かる通り
消化されにくいデキストリンのこと。



難しい名前ですが、
体に悪いものではなく

食物繊維の不足を補うために作られた
特定保健用食品として
消費者庁から認められている
ものです。



デキストリンは、複数のα-グルコースが
グリコシドと結合することによって
分子量の大きな化合物として
生成された物質の総称で、

簡単に言うとでんぷんの一種になります。



これを消化しにくくしたものが
難消化性デキストリンです。



難消化性デキストリンは
とうもろこしが原料となっています。


とうもろこしのでんぷんを培焼して、
でんぷんを消化するアミラーゼで加水分解すると、

これで取り除かれなかった
難消化性成分となる水溶性食物繊維が残ります。


これが難消化性デキストリンで、
熱や酸に弱い食物繊維と違い、
耐熱性や耐酸性に優れた食品素材となる
のです。



難消化性デキストリンは厚労省が認めるトクホ成分


サプリ こうやってみると、難消化性デキストリンは
人工的に生成されたものなので、
安全性に不安があるかもしれません。


ですが、難消化性デキストリンは
古くから食品に利用されている
もの。


摂取量に規定もないので、
過剰摂取による副作用の心配もありません




難消化性デキストリンは、
日本では厚生労働省によって
特定保健用食品として
認可もおりている
ぐらいですから、
当然安全性も認められています。




難消化性デキストリンで便秘も改善!


トイレ 難消化性デキストリンは、食物繊維ですから、
便秘の解消効果が期待出来ます。

更に、この効果によって
肌トラブルを改善する効果も期待できます。



ただ、食物繊維というと、
今まではミネラルの吸収を
阻害すると言われていました。


しかし、難消化性デキストリンは粘度が低いので、
腸内細菌に対して有効に働きます。



その為、大腸に運ばれると
ミネラルの吸収を促進する効果まで期待できるのです。


水を飲む女性
難消化性デキストリンという名前は
あまり耳にしたことがないかもしれませんが、

健康食品としていろいろな種類が販売されています。


中でも、粉末状タイプの
難消化性デキストリンはとても手軽
で、

難消化性デキストリンを
粉末にしたものをお茶やコーヒー、
水やジュースなどに混ぜて
補給することができます。



他にも、お味噌汁やスープなどに
配合されていたりするので、

毎日の生活に取り入れやすい
健康食品と言えるでしょう。