難消化性デキストリン効果研究所







生活習慣病を予防する難消化性デキストリンの効果


食事などで脂質や糖質を摂取すると、
体内で分解されて
エネルギーとして消費されます。


しかし、過剰に摂取してしまうと
消費しきれずに体内に残ってしまいます。

おなかの脂肪

この残った脂質や糖質は、
いざというときに
エネルギー源として使えるように
中性脂肪となって蓄積されます。


これがすぐに消費されればいいのですが、
脂質や糖質は毎日摂取するため
現代の食生活では、余分なエネルギーは
ほとんど必要ありません。


さらにストレスや不規則な生活が重なってしまうと
体内時計が狂って自律神経が乱れてしまい
中性脂肪はそのまま残ってしまうことになります。



また、コレステロールは、
細胞膜を維持して細胞を守ったり、
ホルモンの生成、消化吸収に必要な
胆汁の材料となります。


コレステロールには善玉と悪玉があります。

体重を量る女性
善玉は、体内に余っているコレステロールを
回収しますがする働きがあります。

しかし、悪玉コレステロールは
全身にコレステロールを
運ぶという働きを持っています。



中性脂肪も、コレステロールも
どちらも体には必要な成分です。

しかし、糖質や脂質が分解され、
肝臓で生成される悪玉が増えすぎると、
血中に過剰に溜まってしまいます。



中性脂肪やコレステロールは、
動脈硬化の原因
ともなってしまいます。


さらには生活習慣病が引き起こすリスクも高くなり、
これらの数値が高い場合は減少させなくてはいけません。




難消化性デキストリンは中性脂肪やコレステロールを減らす


これらの生活習慣病の原因にもつながる、
中性脂肪やコレステロールを増やさないためには

脂質や糖質を摂りすぎない、
運動などで消費カロリーを増やすというのが基本
ですが、
なかなかできないのが実情でしょう。



難消化性デキストリンは食物繊維の一種です。


便秘改善だけではなく
脂肪の吸収を遅らせたり、
血糖値の上昇を緩やかにする
という
働きを持っています。


ウエストを測る女性
さらに、難消化性デキストリンには
総コレステロールを値低下させてくれる働きもあります。


これらの作用によって
難消化デキストリンを摂取することで
中性脂肪やコレステロールの数値を
減少させられる
ことが分かっています。



中性脂肪やコレステロールが減れば、
動脈硬化も起こりにくくなり、
結果的に生活習慣病の予防にもつながります。



生活習慣病というのは、
心疾患や脳疾患など命に関わる可能性もあり、
とても危険性なものです。


中性脂肪値やコレステロール値が高い方は
難消化性デキストリンを摂取し、
効率よく予防していきましょう。