難消化性デキストリン効果研究所







難消化性デキストリンの整腸効果

便秘
食物繊維である難消化性デキストリンは、
整腸効果があることが認められています。


この効果が得られるのは、
難消化性デキストリン=水溶性食物繊維だからです。




不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の働きの違い


食物繊維といえば、
便秘を改善する効果がある成分としてよく知られています。

そして、食物繊維は、
水溶性と不溶性という2つの種類に分けられます。


ウエスト
まず「不溶性食物繊維」は、
水分の吸収力に優れています



ですので、不要性食物繊維は、
腸内で数十倍に膨れ上がる性質があります。


その結果、便の重量を増加させる効果があり、
蠕動運動を刺激して便の排出を促す
のです。




一方、水溶性食物繊維というのは、
水に溶け込むタイプの食物繊維
のこと。


腸内の不要物などを含んだ水分を
ゲル化しながら硬くなった便とも混ざり合って
柔らかくしながら、スムーズな排便を促します



どちらの食物繊維も便秘の改善には必要な成分です。
しかし、普通の食事から摂れるのは
圧倒的に不溶性食物繊維になります。



一方、水溶性の食物繊維は
食材に含まれている量がとても少ないので、
慢性的に不足してしまいます。



もし、摂取する食物繊維が
不溶性食物繊維に偏ってしまうと、

便を柔らかくする水分が吸収されてしまいます。


そうすると、お通じは硬くなり、
余計に便秘がひどくなって腸内環境が
悪化してしまうこともある
んです!


せっかく食物繊維を摂取しても、
これでは意味がありませんよね。



もし、あなたが便秘に悩んでいるのであれば、
水溶性食物繊維も積極的に摂取することがポイントです。


実は、水溶性食物繊維の摂取が
本当の便秘解消の方法であり、
腸内環境を整えることにつながるのです。




難消化性デキストリンは水溶性の食物繊維


難消化性デキストリンは
水溶性食物繊維
です。

トイレ
そのため、適量を摂取することで
不溶性食物繊維とのバランスを整えて
便秘を改善していきます。



また、食物繊維を摂りすぎると
下痢になったりすることがありますが、

難消化性デキストリンを摂取すると、
便の水分を取り込んでゲル化するので
下痢の改善効果も期待できる
のです。



また、難消化性デキストリンには
腸内で毒素が発生するのを防いで
腸内環境を正常化する整腸効果も期待できます。



このように、便秘だけでなく
あらゆるタイプのお通じを改善出来るのが
難消化性デキストリンの整腸効果
です。



さらに、難消化性デキストリンには、
腸内細菌叢を改善する生理作用もあります。


腸内細菌叢は、適量であれば
免疫系を活性化したり
ビタミンを産生する働きを持っています。


しかし、増えすぎてしまうと
腐敗物を産生して、
腸内環境を悪化させる作用もあるのです。



この腸内細菌叢に対しても
難消化性デキストリンが働きます。


難消化デキストリンを摂取することで
増えすぎた腸内細菌叢を改善する
など、
普通の食物繊維では得られない
整腸効果も得ることができます。