難消化性デキストリン効果研究所







難消化性デキストリンのダイエット効果


太る原因といえば、
脂分の摂り過ぎということがまず考えられます。

食べたいのに悩む女性
ですが、脂肪と同じぐらい
太る原因につながってしまうのが糖分です。



糖分というのは甘いので、
チョコレートやケーキなど
甘いものを食べ過ぎることが
過剰摂取の状態だと思っている方も多いようです。



ですが、糖分はスイーツや甘いお菓子だけではなく、
料理やちょっとしたスナック菓子などにも
たくさん含まれている
のです。



自分で料理を作っている方なら分かると思いますが、
健康に良いとされる和食でも
砂糖はたくさん使われています




肉じゃが、ほうれん草のおひたし、
酢の物、煮魚など、

一見ヘルシーに見える料理でも、
大量の砂糖やみりんが使われるのです。



また、糖分というのは、
砂糖のような甘いものだけではありません。


米や麺類などの炭水化物などにも
たくさん含まれているのです!


ですので、いくらスイーツや甘いお菓子は
ほとんど食べないという方でも、要注意!



他の食事などからの糖分の摂り過ぎで
太ってしまうことがある
のですね。




糖分の摂りすぎで太ってしまう理由


糖による肥満を引き起こすのが、
血糖値の急激な上昇です。



血糖値が急上昇すると
インシュリンが大量に分泌され、
脂肪細胞に糖がどんどん運ばれてしまいます。



すると、脂肪細胞に糖が大量に取り込まれてしまい、
肥満が引き起こされるのです。

さらに、内蔵脂肪はその影響を受けやすいため
余計に内蔵脂肪がつきやすくなってしまう
のです。




血糖値の上昇を防ぐ難消化デキストリンの効果


難消化性デキストリンは
麦芽糖の分解を抑制して、
小腸の糖の吸収スピードを
ゆるやかにする働き
を持っています。


そのため、食事などに取り入れると、
血糖値の上昇を抑制することができるのです。


難消化デキストリンを定期的に
摂取することで内蔵脂肪がつきにくなります。


ウエスト
また、血糖値が高い状態が続いている場合、
常にたくさんのインシュリンが
分泌されている状態になるため、
逆にインシュリン機能の低下が引き起こされます。


すると、血糖値をコントロールすることができなくなって、
満腹感を感じにくくなるので、
食べ過ぎにもつながり、
カロリーを過剰に摂取してしまいます。



このように、血糖値の上昇を緩やかにする
難消化性デキストリンは、

内蔵脂肪の予防はもちろん
食べ過ぎを防ぐ効果もあるので、
ダイエット効果が期待できる
のです。